本文へスキップ


HOME お勧め 原理 製品情報 応用例 会社概要 お問い合わせ


特徴はお問い合わせ         
ループコイル式車両検知器(車両感知器)は、最も確実に車両を検知する手法、とされています。
車両感知器PSTシリーズは車両を認識すると、感度モニターにデータを数字で表示します。
検知の状況を視覚化することで、設置やメンテナンスをしっかりサポートします。





    通過検知   車両の出入り口や車路管制に 






      

    在車検知   個別管理、コインパークなどで








    自転車判別  駐輪場で自転車とバイクを判別   





製品情報はこちら  応用例はこちら  



    特徴

ループコイル式車両検知器

電線を地中に埋設

地中に電線を数回巻いて埋設します。これがループコイルです。([原理」参照)
(機種により1回で済むものもあり、設置が簡単で経費を節減することが出来ます。)
このループコイル(電線)に通電することで変化を読み取り、車両を検知します。
埋設するので、雪が降っても変わらず性能を維持します。

安全性
主に駐車場の出入口検知や個別検知に使用されますが、人や動物を検知しないことから、工場などでフォークリフト検知や移動車のための管理に、ごみ処理場ではパッカー車の搬入口の開閉管理にと、安全性が必要な場面で利用されています。

高機能
永年のノウハウに基づくアルゴリズムにより、雪や雨などの自然環境変化や人為的な誤動作にも強い車両センサーです。停電時の対策や、駐車検知のタイミング、在車・空車のチェンジなど、様々な機能を備えています。



1巻センサー   (特許取得済み)

1巻車両センサーは、通常は数回巻きするループコイルを、1回巻くだけで済む在車検知センサーです
1巻で済むため設置が簡単で使いやすい、小型・軽量・低価格の駐車場センサーです。
コインパーキングなどコストが重要な場合に、簡易埋設で経費節減を実現します。
長時間にわたって環境の変化にも常に安定して検知を続けます。


国産

車両感知器は屋外で使用されることが多く、温度範囲も(−20度)〜(+70度)と広いため使用部品の長期信頼性が求められます。ですから部品は国内メーカー産、製造はすべて国内で、とこだわって、高い品質を、しかも低価格でご提供しております。1991年の発売開始以来、販売台数も数万台となり、車両検知の専門メーカーとして皆様に信頼を頂いております。今後も研究開発に主軸を置き、より高い品質、より良いコスト性を目指し、さらに未来へと進化を続けます。
   
まずはお気軽に
お問い合わせください
TEL   092 (921) 6306
フォームでのお問い合わせはこちら

I am really sorry, but we do not do direct business to foreign countries.
On the occasion of an order,we would appreciate your contacting Japanese trading companies.

Copyright (C) 2009 Mikigiken Corporation All rights reserved.
福岡県太宰府市吉松50-1
(株)未来技研

トップ